レディー

うつ病についての知識を身に付けておきましょう

ストレスの原因

ハートと聴診器

ストレスや仕事に関するプレッシャー、家事や育児で感じる負担が大きくなればなるほど体にも心にも疲れは溜まっていきます。現代の日本では、およそ104.1万人の人がうつ病にかかっています。その多くの原因は、対人関係や仕事などです。しかし、生きていく為には仕事をしなければいけませんし、人と付き合っていかなければいけません。そのため、うつ病を発症する前に自分で何を一番大きくストレスだと感じているのか、どんな事が苦手なのか知っておくと良いでしょう。例えば、うつ病の原因でもあるストレスにもいろんな種類のものがあります。学校や会社など社会に出て働いている人なら社会的ストレスを大きく感じてしまい、病気を発症させてしまう可能性があります。社会的ストレスとは、仕事や学校の授業、受験に対するプレッシャーがあります。周囲の人から期待され、その期待に応えようと努力する人の多くが感じているものです。こういった人は、責任感が強く、几帳面な性格の人が多い為、適度に力を抜くということができません。そのため、体も心も疲れてしまい、病院に行くとうつ病と診断されてしまうのです。こういった人は、自分の診断結果を納得することができない人も多くいます。納得できずに、無理に頑張ってしまうと余計に病気の症状を悪化させてしまう場合もあります。症状を悪化させない為にも、まずは自分の状況を受け入れ治療に専念しましょう。なぜ、うつ病になったのか、何を一番負担に感じていたのか、どうやったらストレスを軽減できるのか、など専門医のカウンセリングを受けながら治療に専念してみて下さい。

こういったストレスの他にも、急な環境変化で起こる環境的ストレスや、病気が原因で起こる身体的ストレスなどがうつ病の原因になる可能性もあります。専門の病院では、それぞれの診断結果に応じて治療方法を提案してくれます。うつ病などの精神病は、自分がどういった性格なのか何が苦手なのかを知っておくことで未然に防ぐこともできます。ストレスマグニチュードと言われる、ストレスを感じやすい事を把握しておくのも良い方法でしょう。ストレスといっても嫌な出来事だけが原因とは限らないため、適切な診断結果を求める場合は専門医に相談してみるといいでしょう。