レディー

うつ病についての知識を身に付けておきましょう

新しい検査方法

医者とナース

精神的な症状や、身体的な症状があるうつ病は稀に判断がつけにくい場合があります。その原因は、うつ病の診察をするときの問診の答えです。医師が患者に様々な質問をし、うつ病の症状に当てはまるかどうか判断していくという方法は一般的ですが、この問診の時に患者が正確な答えを言わないと正しい診断結果を出すことができない場合があります。患者の中には、答えにくい質問には嘘を言ったり、答えてくれなかったりすることがあります。どんなに技術を持っている医者でも嘘か本当か判断することは難しいことです。そのため、患者の答えによって診断結果がかわってきます。こういった問題は、患者の家族に質問をしても解決することはできません。そこで、最近注目を集めているのがうつ病の新しい検査方法です。早期発見、早期治療が肝心になってくるこの病気を、正しく判断するために開発されました。近赤外線を頭の皮膚に当て脳内の血流量を測定する光トポグラフィーという方法と、血液中に含まれているエタノールアミリン酸の数値をバイオマーカーとして診断する方法です。この方法は、人間の体の状態を第三者の目線で測定し、判断することができる検査方法です。うつ病になってしまうと、体の免疫力も低下してしまうため、この検査方法で調べて適切な診断結果を出すことが可能になりました。うつ病やパニック障害、健常者などを分けて判断することができるため、問診では判断しにくい症状の患者でも診察が可能になりました。